口臭サプリメントを徹底的に比較|悪臭ブレスを爽やかチェンジ

悩む男性

よく間違う対策法

pill

口臭対策として行える方法はさまざまですが、多くの人は間違った方法を選択している場合があるため、せっかくの口臭対策効果がある道具を使用したとしても、逆効果となる場合があるため、注意が必要なのです。口臭を抑える方法としてポピュラーなのが歯磨きです。歯磨きは歯垢や食べカスをブラシによって除去することができるため、口臭を引き起こす菌の繁殖を低減させることができます。しかし、だからといって何度も歯磨きを繰り返してしまうと、今度は口腔内に存在する有用菌も殺菌してしまうことになるため、口の状態が悪化してしまう場合もあるのです。口腔内に居る菌は有害な虫歯菌だけではなく、口の中を健全に保つ有用な菌も多く存在します。こうした菌は悪臭を発する菌の繁殖を抑えるため、有用菌を多く口腔内に増やすことで、気になる口の臭いを抑えることができるのです。しかし、頻繁な歯磨きはこうした有用菌も殺菌してしまうため、口臭が悪化してしまう事態に陥る場合もあるのです。また、歯磨きでは口腔内で菌の繁殖を抑える唾液も洗い流してしまうため、結果として悪影響をもたらす菌が増えやすい状況となるため、過度な歯磨きは口臭対策として得策とはいえないでしょう。口臭に対しては、口腔内によい香りをもたらすガムやサプリメントが最適といえます。

口の臭いを取り除くことで話題となったのが、舌苔の掃除です。現在ではエチケットとしてスーパーなどでも気軽に舌ブラシが売られており、舌に付着した菌や歯垢、食べカスを一掃することで、高い口臭対策が得られます。しかしこの舌苔を掃除を過度に行った場合、苔だけではなく舌の粘膜を保護する舌乳頭を傷つけてしまうため、より口臭がひどくなる場合があります。傷ついた毛乳頭の代わりに、体が粘膜を保護するため、粘性の高い唾液を分泌するようになります。この粘性の高い唾液は、より多くの舌苔を付着させる作用があるため、舌を磨く前よりも輪を掛けて悪化する場合があるため、結果として口臭がさらに悪くなってしまうのです。舌乳頭は非常に繊細であるため、専用の舌ブラシなどで適切な期間だけ使用することで、こうした事態を防ぐことができるでしょう。